年齢を問わない看護学校と資格制度

高校を卒業しすぐに看護専門学校や大学の看護科に入学し看護師を目指す人が一般的に多いですが、
中にはほかの職種についていたが、看護師の道へ転向するという人も少なくはありません。
なので看護専門学校や、大学の看護科には様々な年齢層の方が入学します。

そもそも先に申しあげたように、看護師になるための明確な年齢制限はありませんから、
入試を受け、専門学校や大学に入学し、知識を学び卒業し看護師資格を受験する権利は与えられます。

しかし問題は卒業後、看護師資格を取得した後なのです。
やはりストレートで看護師を目指し、看護師資格を取得した人とは、卒業後の就職面で差が出てきます。
最低でも3年くらいは夜勤などを含む現場実習をしなければ技術などは一人前とみなされませんので、
かなり教育体制の整った病院でないといけません。
個人医院やクリニックなどにはそのような体制の整っているところがほとんどありません。
しかし大学病院や、公立の病院などだと年齢制限を打ち出しているところもあるので、これまた範囲が狭まってきます。

また面接までこぎつけた際には、なぜ前の仕事を辞め、看護師を目指したのかなどに明確な理由が必要になってきます。
きちんと自分の意見をまとめて伝えられるようにしておきましょう。
このように、年齢制限は基本的にないと言っても、看護師資格を取得したあとのことをきちんと見据えたうえで、看護師を目指さなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です